大量に作りすぎてしまうことも多い定番メニュー“カレー”。たまには違ったアレンジを試してみたいという方も多いのでは? 7月に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、いつものカレーとは少し違う新感覚のカレーを紹介していました。

食べ応え抜群! ジューシーカレー

同番組の人気コーナーでもある「坂本昌行のOne Dish」で紹介されたのは、「中華風ナスカレー」(2人分)。ピリ辛麻婆ナスをアレンジした、食欲が落ちる今こそ食べて欲しいカレーです。

さっそく作り方をチェック。まずはなす2個を電子レンジで2分加熱したら、角切りにします。玉ねぎ1/2個、にんにく1かけ、しょうが1片はそれぞれみじん切りに。オクラ6本は茹でて小口切りに。これで具材の準備は完了です。

次にフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、カットした玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒めます。香りが立ってきたら、豚ひき肉200gを投入。油が透き通ってくるまで炒めましょう。

ラー油と粉山椒の絶妙なアクセントが最高!

肉が良い色になってきたら、豆板醤小さじ1/2を入れてさらに炒めます。その後、水200cc、オイスターソース大さじ2、砂糖小さじ1、カレー粉大さじ1/2、なすも加えて2〜3分煮込んでください。煮ている間にご飯にもひと工夫。ボウルにご飯400g、オクラ、塩適量を入れて混ぜ合わせます。オクラの食感が良いアクセントになり、見栄えもさらに良くなりますよ。

器にできあがったご飯とカレーを盛りつけ、温泉卵1個をトッピング。最後に混ぜ合わせたラー油大さじ1/2、粉山椒小さじ1/4をかければ完成です。実際に試食した金曜レギュラー・千秋さんは「最後のソースがやっぱすっごい合う!」と大絶賛していました。

食欲を掻き立てるピリ辛味と、ナスとオクラの食感も楽しめる新感覚カレー。途中で温泉卵を溶かせば、マイルドになり味変も楽しめます。

市販のルーで作る美味しすぎるカレー

料理研究家・リュウジさんも自身のYouTubeで、「Ultimate curry rice」(3〜4人分)を紹介。コクと旨味のバランスが最高のカレーです。

まずは玉ねぎ1個(300g)をスライスしましょう。カットできたら耐熱ボウルに入れ、ラップをせずに電子レンジで3分程加熱。こうすることで玉ねぎの水分が飛び、炒めるときに早く飴色になりやすくなります。

熱したフライパンにサラダ油大さじ1を引き、温めた玉ねぎを広げながら炒めてください。飴色になったら、火を止めて豚こま切れ肉300gをちぎりながらイン。塩・こしょう各少々で味をつけ、もう一度火をつけます。

肉が焼けるまで炒めたら、水600ml、削った生のにんにく1片分を入れて強火に。市販のカレールー半箱も加え、回しながら溶かしていきましょう。ポコポコと音がしてきたら火を弱め、バター10g、ウスターソース小さじ2、砂糖小さじ1を入れて味つけ。さっと回してさらに煮込んでいきます。

最後にご飯とカレーを器に盛りつけ、乾燥パセリ少々をふりかければ完成。試食したリュウジさんは「これ何度食ってもうまいね!コクと旨味のバランスが半端ないですね」と、自身のカレーに大満足の様子でした。

作るのが簡単だからこそ、日々の献立に取り入れたいカレー。今日の夕飯は、いつもとはひと味違うカレー作りに挑戦してみては?

文/内田裕子  ※画像はイメージです。
参照/料理研究家リュウジのバズレシピ公式YouTube「我が家のカレーがこれになってしまったと何度も言われたほどウマい、市販のルーで作る【至高のカレー】『Ultimate curry rice』」https://www.youtube.com/watch?v=BcKNwo7bzJ4