レンチンするだけで準備が完了する冷凍食品。8月31日放送の『ラヴィット!』(TBS系)では、食のプロたちが選ぶ“一番おいしいお弁当のおかず用冷凍食品”が紹介されました。全18品の中から選ばれたベスト3の商品に注目しましょう。

ミシュランシェフが絶賛した冷凍食品!?

まず3位には味の素冷凍食品の「えびとひじきのふんわり揚げ」が登場。えびや白身魚といった10品目の素材をミックスした逸品です。

気になるのは料理のプロたちによる評価。7年連続ミシュラン1つ星を獲得した村田明彦シェフは同商品に対し、“食べたときのすべての食感がGOOD”とレビューしています。またアイデア料理研究家のmakoさんは「お弁当だと、茹でたほうれんそうとか横に並べたら、食べ合わせよさそう」とコメント。

高評価を得た同メニューですが、村田シェフがワンランク上の料理にアレンジする方法を教えてくれました。

作り方の手順は、まず5mm角に切ったトマト1/2個、水100cc、白だし50cc、みりん15cc、薄口しょうゆ10ccを鍋に入れてひと煮立ちさせます。後は三つ葉適量を盛りつければ、絶品つけダレの完成。ふんわり揚げを浸して食べると、より深い味わいを堪能できますよ。

満点を獲得したコスパ最強の一品

続いては、2位に選ばれたニッスイの「ほしいぶんだけ 白身魚とタルタルソースのフライ」に注目。タルタルソースにレモン果汁を加えた一品で、まろやかさと爽やかさを同時に楽しめるそうです。

審査員の評価を見ていくと、冷凍食品マイスターのタケムラダイさんは「味のバランスがすごくいい」「本当においしい」と大絶賛していました。

ちなみに、温めた白身魚フライ2個、冷凍アボカド30g、マヨネーズ大さじ1、黒こしょう適量をすべて混ぜ合わせれば、絶品のディップソースが作れるとのこと。パンやクラッカー各適量にのせて食べるのがおすすめです。

そして1位には、ニチレイフーズの「お肉たっぷりジューシーメンチカツ」が選出されました。同商品は小ぶりで食べやすいサイズながらも、あらびき肉がたっぷりと詰まった王道のおかず。

makoさんは同商品に満点をつけ、「コストもすごく安い」「10、10、10(味、コスパ、便利さ)でつけさせていただきました」とコメントしています。

ネット上には「ジューシーメンチカツは本当にクセになる」「すぐスーパーに買いに行かなくては」など、さまざまな反響が寄せられていました。

冷凍餃子を炊飯器に!?

プロ考案のアレンジ料理を取り上げましたが、実は味の素冷凍食品の公式サイトでも「焼ギョーザで肉めし」という冷凍食品活用レシピを掲載中。

材料は、冷凍食品「レンジで焼ギョーザ」1袋と米1合、水150ml、丸鶏ガラスープ小さじ1、トマト1個、ごま油小さじ1、塩・こしょう・黒こしょう・しょうゆ各適量を用意すればOKです。

作り方は、まずといだ米と水を釜に入れて30分おきます。30分経過したら、丸鶏ガラスープも投入して混ぜ合わせましょう。しっかり混ぜたら、ヘタを取り除いたトマト、凍ったままの冷凍餃子をのせ、普通モードで炊きます。

炊きあがったら餃子を大きくほぐすように混ぜ、ごま油、塩、こしょうで味を調えて器に盛りましょう。仕上げに黒こしょうを振り、食べる直前にしょうゆをたらせば調理完了です。

冷凍食品だけでも十分においしいですが、たまにはアレンジレシピにもトライしてみてはいかが?

文/内田裕子  ※画像はイメージです。
参照/『ラヴィット!』公式インスタグラム「tbs_loveit」https://www.instagram.com/p/CTOQkJ6hju_/
『ラヴィット!』公式インスタグラム「tbs_loveit」https://www.instagram.com/p/CTQxS6cB0sx/
『ラヴィット!』公式インスタグラム「tbs_loveit」https://www.instagram.com/p/CTQxao7hQwC/
味の素冷凍食品公式サイト「焼ギョーザで肉めし」https://www.ffa.ajinomoto.com/recipe/detail/id/915