喜びや悲しみ…日々変わりゆく「感情」が渦巻くなか、ときには「生きづらさ」「働きづらさ」といったネガティブな気持ちに出会うことも。

でも、どんな「感情」も無駄じゃない。たくさんの出会いや積み重ねが、それぞれの人の「今」を形づくっているのだから…。

ミヨシさんの実体験を描いた2年間の『ぼくのうつやすみ』。凝縮された日常にある「変化」や「気づき」のなかに、私たちに共鳴するものが見つかるかもしれません。

【第1話】2016年ぼくは「うつ」になった。

作/ミヨシ