少女漫画の根幹とも言える作品『イタズラなKiss』。その主人公である「琴子」は、第1話であっさりと振られてしまいます。そう、彼女を振った男子こそ、今回ご紹介する「入江直樹」です。彼はイタキスのメインヒーローとしてはもちろん、1人のキャラクターとしても高い人気を誇っています。むしろ、弱点を探す方が難しい入江くんですが、改めてその凄さをお教えします。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■IQ200!?驚くべき頭脳の持ち主

 入江くんはまさに、“天才”と呼ぶに相応しい人物でしょう。高校では最優秀クラスであるA組に在籍、そのうえ成績は毎回トップでした。彼は一度見聞きしたものを完全に記憶する能力に優れており、学校で学んだことは決して忘れません。そのため入江くんが、自宅で勉強することはまったくありません。しかし人に勉強を教えるのは上手く、琴子に脅迫されて勉強を教えたり、F組全員の勉強を見てあげたり、松本綾(琴子のライバルの妹)の家庭教師をしたり、面倒見の良い一面も見せてくれます。

■意外に熱血?

 入江くんは大学時代、テニス部に籍を置いていました。が、彼のテニスシーンを拝むチャンスはほとんどありません。入江くんはあくまでも特別待遇なのです。しかし、1度だけ合宿の際に琴子とペアを組んでダブルスの試合をすることになります。いつもはクールな入江くんですが、この時だけは本気です。そのスパルタ指導っぷりは、あの須藤先輩以上のものでした。試合時には琴子を叱りつつも球を受けるなど、超人的な試合運びを見せます。結果はともかく、入江くんと琴子のコンビネーション(?)は必見です。

■意地悪、だけど優しい

 最初のうちこそ琴子を邪険にしていた入江くん。しかし時が経つにつれて、彼は少しづつ優しさを見せるようになります。また、琴子が自分に惚れているのをいいことに、彼女をからかうような言動も繰り返しています。とは言え、入江くんがこのような態度を見せるのは琴子だけ。金ちゃんが琴子にプロポーズをしたとき、彼はようやく自分の気持ちに気づきます。いつもクールキャラを装っている入江くんですが、彼にも人間らしい一面があるのです。

■昔は可愛かった

 現在は高身長でカッコいい入江くん。しかし、彼にはとても辛い過去があるのです。入江くんの母親は当初、女の子を欲しがっていました。だから彼女はあろうことか、息子である入江くんに女装をさせていたのです。それがまた良く似合っていて、しばらくは誰にも気づかれませんでした。そしてある日、男であることが幼稚園でバレてしまい・・・。彼があんなにも冷たい性格になったのは、この事件が原因ではないでしょうか?

 容姿も頭脳も運動神経も抜群、様々な才能に恵まれている入江くん。しかし、彼がそれを幸せと感じているのかどうか、それは誰にも分かりません。琴子と出会ってからの入江くんは意地悪さが増しましたが、人間としても大きく成長しています。たまに見せるニヒルな笑顔こそ、彼本来の魅力なのではないでしょうか?


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:えみ(キャラペディア公式ライター)

(C)多田かおる/イタキス製作委員会