ディズニー・チャンネル オリジナルTVアニメーションシリーズ「悪魔バスター★スター・バタフライ」の新作エピソード(日本初放送含む)第1話から第8話までが、4月24日(日)14:00〜18:00他に4時間連続で一挙放送される。

注目は、日本初放送となる第8話『赤い月ダンスパーティー/フォーチュンクッキーのお告げ』。スターの魔法のステッキをねらうルードの後釜を狙う新キャラクターのトフィーや、あの人気キャラクター、スターの元彼のヒステリックな悪魔・トムが再登場し、スタバちゃんをダンスパーティーに誘う。ドレスアップしたスタバちゃんも必見。

■声優の植田佳奈さん、興津和幸さん、龍田直樹さんからコメントが到着!

特別編成の放送に先駆け、スター・バタフライ、マルコ・ディアス、ルードの声を演じる、植田佳奈さん、興津和幸さん、龍田直樹さんからコメントが寄せられた。

◯植田佳奈さん(スター・バタフライ役)

魔法の国のプリンセスといえば、明るくて可愛くて優しくて・・・というイメージですが、スターが持っているのはベクトルの違う明るさと可愛さと優しさです。トラブルメーカーだけど、何にでも一生懸命な所が、一番のチャームポイントですね。キャラクターがプリンセスにあるまじき表情をしているシーンも多いので、あえて上品さを抜いて演じていますが、その二面性もまた彼女の魅力だと思います。ちょっと変わったプリンセスですが、お話が進むにつれて、癖になってしまう可愛らしさがスターにはあります。お子様と、お友達と、恋人と、是非スターにはまってください♪

◯興津和幸さん(マルコ・ディアス役)

マルコは、赤いパーカーに、得意の空手は緑ストライプ帯を持つほどの腕前!強がってみせるけど、周囲からは「まじめ君」とあだなされる、優しい男の子です。スターに翻弄されて、アタフタしている姿がとてもかわいいです!そしてスターは、魔法のステッキで悪と戦う作品が日本のアニメに多いと思いますが、スターは魔法の国のプリンセスだけど、やんちゃでイタズラ好き。時には毒々しかったり、一見こんなヒロインを好きになれるんだろうかと思ったのですが、回を重ねるごとにスターがどんどんかわいく見えてくるんです。良いところも悪いところもひっくるめて、一人の女の子としての魅力を伝えているのが素晴らしいと思います。かわいいポップな映像と、異常なまでにハイテンションな関西弁!一度見たら、あなたもスターの魅力に夢中になること間違いなしです!!

◯龍田直樹さん(ルード役)

(日本のアニメと海外のアニメの違いについて)日本のアニメにもいろいろありますが、総体的に、ストーリー展開や画像やセリフなど、表現がストレートで素直な気がします。これに比べて、外国のアニメは、「もう一つその裏」がありそうで社会を風刺したようなシュールな部分を感じることがあり、これはこれで楽しいと思っています。ルードは偉っそうだけど・・・小心者。怖っそうだけど・・・大したことない。冷酷っそうだけど・・・どうだろう?まぁそんな、態度と中身がちょっと裏腹な憎めない、ブサカワイイ・・・小鳥ちゃんで〜す!どない見ても、お世辞にもキャー!カワイイ!とは言えんやろけど、「一羽の鳥にも五分の思い」や。 頑張るさかい、みなさん、ケッタイナ世界、楽しんでや!

(C)Disney