千葉県警館山署は7日、傷害の疑いでいずれも自称住所不定、無職の男(56)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後0時半ごろ、JR内房線那古船形−館山間を走行中の電車内で館山市の会社員男性(29)の胸ぐらをつかんで顔を拳で複数回殴り、軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、電車内で同市内の女子高生(17)に絡んでいる男を男性が注意し、口論になったという。3人に面識はなかった。男は当時、酒に酔っており「暴力は振るっていない」と容疑を否認している。女子高生が110番通報した。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)