厳しい暑さを吹き飛ばしてもらおうと、千葉県内ホテルが夏季限定のグルメ企画を相次いで展開している。屋外バーベキューやシャンパンをテーマにした飲食プランなどを用意し、夏休み中の家族連れや仕事帰りの会社員を呼び込んでいる。

 ホテル日航成田(成田市)は9月3日まで、中庭の芝生広場で屋外バーベキューを開催。牛ロースや骨付きフランク、ズワイガニなどの食べ放題に加え、生ビール5種やワインなどの飲み放題が付く。

 約450グラムの「1ポンドステーキ」やアウトドアの定番スイーツ「スモア」など、大人も子どもも楽しめるメニューを用意した。ディナー料金は大人(中学生以上)6千円。

 シャンパン「ヴーヴ・クリコ」をメインに据えたプランを今月いっぱい提供するのは、ホテルザ・マンハッタン(千葉市美浜区)。例年ビアガーデンを開催していたが、「会社帰りの女子会に使ってほしい」(担当者)とシャンパンを取り入れた。

 2〜3人でフルボトル1本が付き、前菜や牛・羊・鶏の3種の肉料理、特製スイーツなどがセットになる。料金は1人6千円。

 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート(浦安市)は、レストラン「ジ・アトリウム」で夏季限定メニューを提供。ミルクアイスを薄く削り、ふわふわとした新食感に仕上げた「ふんわりわたゆきアイス」や、酸味のあるムースに夏みかんのゼリーを重ねたスイーツなどを販売している。

 オリエンタルホテル東京ベイ(同市)は、館内のカラオケルームや中華レストランで、生ビールの飲み放題を企画。会社帰りの若者のグループなどに好評という。