女子トイレの個室を盗撮したとして、千葉県の県立高校の男性教諭が免職処分となりました。免職処分となったのは、県立柏井高校の28歳の男性教諭です。県教育委員会によりますと、男性教諭はことし1月、学校の体育館で女子生徒が入っていた女子トイレの個室内を自分のスマートフォンを使い盗撮したということです。

 女子生徒は千葉北警察署に被害届を出していて、男性教諭は県教委の聴取に対し、「ストレスから自暴自棄になっていて、衝動的にやった」と話したということです。また、男性教諭は去年11月からことし1月までの間、今回を含め少なくとも3回程度、同様の盗撮行為をしたと話していて、警察が調べを進めています。

 このほか、県立船橋高校の52歳の男性教諭が、去年12月末から1月にかけて旅行をした際に不正乗車をし、正規の鉄道運賃を支払わなかったなどとして、停職6か月の処分を受けています。今年度の教職員の懲戒処分はこれで20件となり、過去10年間で最も件数が多かった2015年度の26件に次ぐ多さとなりました。