妻の遺体を車の中に遺棄したとして、39歳の男が警察に逮捕されました。
 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、千葉市緑区あすみが丘の自称・無職小川 大輔 容疑者(39)です。警察によりますと21日午後2時前、市原市五井南海岸の市道で、男性から「柱などに車を衝突させている人がいる」と110番通報がありました。

 駆けつけた警察が運転席にいた小川容疑者に事情を聴くと「奥さんと来た」と話したことから車の中を確認すると、小川容疑者の妻・行恵さん(35)が後部座席に仰向けで横たわっていてその場で死亡が確認されました。小川容疑者は調べに対し、「死体を乗せて走っていた」と話し容疑を認めたということです。

 警察は23日に遺体の司法解剖を行い、死亡した経緯について、詳しく調べる方針です。