現在整備が進められている、千葉県から和歌山県に至る「太平洋岸自転車道」の起点となる銚子市で、2日、起点モニュメントの除幕式が行われました。

 除幕式は、起点モニュメントが設置された銚子駅前で、銚子市の越川市長や県の関係者らが出席し行われました。
 モニュメントは、自転車に乗った県のマスコット「チーバくん」と、起点を示す道標です。

 太平洋岸自転車道は、銚子市を起点に、神奈川、静岡、愛知、三重をめぐり和歌山市までの1400キロの自転車道で、県内は219キロ、既存の自転車道や国道、県道に路面標示や案内看板などの整備が進められています。