袖ケ浦市で整備が進められていた県道のバイパスが完成し、27日に開通しました。

 開通したのは、県道千葉鴨川線のバイパスで、袖ケ浦市上泉から高谷までのおよそ1.6キロです。開通式では、袖ケ浦市の粕谷智浩市長が「房総半島を縦断する道路が開通し、大変期待している」と挨拶しました。
 その後、地元の県議会議員らとともにテープカットを行ったあと、走り初めを行い開通を祝いました。

 旧道は大型車の交通量が多く、歩道もなかったことから、円滑な交通や歩行者の安全面に課題がありました。このため新しい道路では、4車線化と歩道の設置により、渋滞の緩和や歩行者の安全性の向上を図っています。
 袖ヶ浦市内の県道千葉鴨川線は、1986年から整備工事が進められ、今回の区間も含め、これで4.6キロ開通しましたが、このうち1キロが未だ2車線のため、千葉県は引き続き4車線化に向けた整備工事を進めます。

千葉県 県土整備部 松宮 正紀 次長
「今まで2車線だった道路が4車線になるということで、交通の円滑化が図れることと、歩行者の安全性の向上がはかれることを期待しています」