千葉県芝山町の航空科学博物館では、世界各国の航空機を題材にした切手が展示されています。

 この展示会は、航空科学博物館が収蔵している航空機などを題材にした切手を紹介しようというもので、普段は見られない貴重な資料です。

 今回、展示されているのは世界各地で発行された切手で、飛行機初期の複葉機や軍用機、それに飛行船や気球など、また戦後のジェット旅客機や大型貨物機、超音速旅客機など、航空機の歴史が一目でわかるようになっていて、航空機ファンから子どもまで目を輝かせて見入っています。

 企画展「世界の航空切手」は6月26日まで航空科学博物館で開かれています。