AI=人工知能を活用した新型のセキュリティロボットが6月13日、成田空港に導入されました。

泉水はる佳アナウンサー
「警備ロボットにも関わらず、周りの環境と調和していて、親しみやすい印象です」

 このセキュリティロボットは、歩行者や障害物を自動で回避しながら空港内を巡回します。

 倒れている人や不審物などを見つけると、AIが「異常」と認識して、空港内の防災センターに映像や信号を送信。常駐する警備員と連携して対応にあたります。

 空港会社では、これまでにもセキュリティロボットを4台導入していますが、今回のロボットは人工知能=AIを活用して、カメラで捉えた映像をリアルタイムで解析するなどして、警備に加えて案内や注意喚起など、より高度な業務を行うということです。

泉水はる佳アナウンサー
「人が列を作って空港内が混雑している場合、その状況を検知して、アナウンスを流してくれたり、LEDディスプレイに文字を表示して注意を促してくれたりします」

 空港会社では、「今後、旅客状況の回復を踏まえ、新型のセキュリティロボットを増やして空港の安全に務めたい」と話しています。