航空機の現役パイロットが仕事の魅力を語る講演会が6月19日、千葉県芝山町の航空科学博物館で開かれました。

 成田空港を見渡せる場所に位置する芝山町の航空科学博物館は、日本で最初の航空専門の博物館として人気を集めています。

 博物館では展示のほか、さまざまなイベントも楽しめ、特に「CAのおはなし」や「管制官のおはなし」など航空に関する講演会は評判です。

 今回は「パイロットのおはなし」をテーマに、世界最大の旅客機A380を操縦する全日空の現役パイロットが、航空機の魅力や体験を紹介しました。

 参加した約100人の来場者は、貴重な体験談に熱心に耳を傾けていました。