6月、覚せい剤を所持したとして逮捕されたアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー・田中聖容疑者ついて、警察は、覚せい剤を使用した疑いが強まったとして7月20日、再逮捕しました。

 覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕されたのは、「KAT-TUN」の元メンバーで、千葉県柏市大井の自称自営業・田中聖容疑者(36)です。

 警察によりますと、田中容疑者は6月中旬ごろから29日までの間に、県内または県外で、覚せい剤を使用した疑いが持たれています。

 田中容疑者は6月29日、柏市内で覚せい剤を所持した疑いで逮捕され、その後の尿の鑑定で覚せい剤の陽性反応が確認されました。

 調べに対し、田中容疑者は容疑を認めていて、「将来の不安をまぎらわせるために使った」と話しているということです。

 田中容疑者の所持品から焦げたガラスパイプが押収されていて、警察は、パイプに入れた覚せい剤を火であぶり、煙を吸っていたとみて、入手経路などを詳しく調べています。

 田中容疑者は6月20日、名古屋地裁で覚せい剤取締法違反の使用や所持などの罪で懲役1年8か月、執行猶予3年の有罪判決を受けていました。