日本大学生産工学部の教授が、千葉県芝山町の航空科学博物館で、小学生を対象に出張授業を行いました。

 このイベントは、子どもたちの夏休みを利用して、航空科学博物館と日本大学生産工学部がコラボして行っているものです。

 今回は、機械工学科の野村浩司教授らが先生となって、「飛行機が飛ぶ原理で風車を回せ!」をテーマに、参加した子どもたちは翼をかたどった風車を工作して、その風車と飛行機の翼は同じメカニズムだということを教授からわかりやすく教えてもらいました。