千葉県内有数の梨の産地、鎌ケ谷市では、幸水の収穫が最盛期を迎え、出荷作業が進められてます。

 鎌ケ谷市中沢の梨の飯田園では、幸水の収穫が最盛期を迎えました。

 2022年は、梅雨明けが早く、雨量が少なかった影響で若干小ぶりですが、味は平年並みで甘くておいしい梨が収穫できているということです。

 この日も午前中から梨の重さで仕分けていく選果作業に取り掛かり、箱詰めをして全国へと送る発送作業に追われていました。

 鎌ケ谷市では今後、豊水、あきづき、新高と秋にかけて品種が移り変わっていき、9月中旬ごろには、希少な新品種「秋のほほえみ」が並ぶ直売所もあるということです。