千葉県船橋市で、83歳の女性が、長男をかたる男らの電話に応じ、現金合わせて1500万円をだまし取られる事件がありました。

 警察によりますと、船橋市の女性(83)は8月15日、長男をかたる男から「トイレに携帯を置き忘れた」「契約があるが、カードを止めていて現金を引き出せない」などと電話を受けました。

 その後、今度は駅員をかたる男らから「あなたの長男が忘れていった貴重品を預かっている」「長男の知人に現金渡して」と電話がありました。

 女性は電話を信じて指定された場所に向かい、その場にいた50代くらいの男に現金1000万円を渡しました。

 女性は、その後も男らからの電話に応じ、翌日も同じ男に500万円を渡したということです。

 船橋市では17日も、男性(86)が同じような手口で現金100万円をだまし取られました。

 警察は、電話de詐欺事件として調べるとともに、被害にあわないよう注意を呼び掛けています。