千葉市に住む84歳の女性など、あわせて3人から現金300万円をだまし取ったとして、警察は現金の受け取り役の自称・介護施設職員の男を逮捕しました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京都足立区に住む自称・介護施設職員の若井智哉容疑者(30)です。

 警察によりますと、若井容疑者は2022年4月25日、「現金が至急必要」といった金を求める電話を信じた千葉市内の女性(84)など3人から、あわせて300万円をだまし取った疑いが持たれています。

 若井容疑者は別の詐欺事件などですでに逮捕・起訴されていて、押収された証拠品の捜査から、逮捕に至りました。

 調べに対し、若井容疑者は黙秘しているということです。