2023年12月に開催された男子全国高校駅伝で3位に入賞した千葉県の八千代松陰高校のメンバーが1月29日、八千代市役所を訪れ市長に結果を報告しました。

 29日は八千代松陰高校陸上部のメンバー10人と学校関係者らが八千代市役所を訪問し服部友則市長に結果を報告しました。

 八千代松陰高校は2023年12月24日に京都府で行われた男子第74回全国高校駅伝大会に県代表として出場し、みごと3位に入賞。メンバーの中で7区を走り、3人抜き・2年連続区間賞獲得を果たした3年生の平山櫂吏選手は「この都大路にすべて賭けてきた」と大会への思いを振り返りました。

 一方大会当日、京都まで応援に駆け付けたという八千代市の服部市長は「素晴らしい結果を残してくれて誇らしく思う」と選手らを称えました。

 八千代松陰高校は前回の大会でも3位に入賞するなど全国的に活躍しています。

八千代松陰高校 3年 平山櫂吏選手
「3人抜きできたことはうれしく、2年連続3位、2年連続7区区間賞もうれしい」「八千代市に支えてもらってここまできたので、八千代市民の皆さんに感謝している」