整備が進められてきた高規格道路「長生グリーンライン」の一部が完成し、3月24日開通しました。供用開始を前に開通記念式が行われました。

 開通式は茂原市台田の新しく完成した長生グリーンラインに設けられた特設会場で、熊谷知事をはじめ関係者が出席してテープカットやくす玉開きなどで開通を祝いました。

 その後、関係者が車を連ねて記念のパレードを行いました。

 県では、地域間相互の連携や交流の促進、国道128号、409号の混雑緩和のため、2車線の高規格道路、愛称・長生グリーンラインの整備を進めています。

 このほど、長南町から茂原市の間2.5キロが完成したものです。

 この開通により渋滞緩和や走行時間の短縮、それに交通事故の減少などが期待されます。