大相撲名古屋場所中日の十六日、上松町出身で西関脇の御嶽海(本名・大道久司、出羽海部屋)は西前頭筆頭の貴景勝と対戦して押し倒しで敗れ、前半戦を五勝三敗で終えた。
 互いに頭で当たり合う激しい立ち合いの後、突き押しの応酬となった。御嶽海は、低い重心から押す貴景勝の突き押しで後退。のど輪をくらい、強く胸を押されて土俵を割った。
 十七日は西小結の琴奨菊と対戦する。これまでの対戦成績は三勝三敗。

 (酒井大二郎)