◆チャレンジL 2位はキープ
 女子サッカー・チャレンジリーグWESTの静岡産業大磐田ボニータは十六日、磐田市の磐田スポーツ交流の里ゆめりあで、バニーズ京都SCと、ホーム最終戦を行い、3−3で引き分けた。ボニータは、なでしこリーグ二部昇格をかけたプレーオフ進出圏内の二位はキープした。
 ボニータの連勝は四で止まったが、最低限の勝ち点1を確保した。惜しかったのは、後半の戦い方。前半で3−2とリードしながら、後半は受け身に回った。バニーズに一方的にボールを支配され、痛恨の同点弾を浴びた。ボニータのFW平野麻美主将は「バニーズのペースをひっくり返すことができる走力、パワーが足りなかった」と悔しさをかみしめた。
 ボニータの最終戦は二十二日、裾野市陸上競技場で、JFAアカデミー福島とぶつかる。
静岡産業大磐田ボニータ 3−3 バニーズ京都SC

(3−2・0−1)

▽得点者【磐】堀江2、平野【京】佐藤、西川、松田
(川住貴)