タレントのタモリさんが大会名誉会長を務めるヨットレース「タモリカップ富山大会」が十六日、富山県射水市の海王丸パーク周辺の富山湾であり、全国の五十六艇が競った。
 レース前には、タモリさんが帆船「海王丸」の船上から見守る中、各艇が海上パレード。パフォーマンスも評価されるため、参加者は「タモさん、またまた富山に来てくれてありがとう」と書いた横断幕を掲げたり、仮装して流行のお笑い芸人をまねしたりした。
 タモリさんは一艇ずつ「頑張ってください」「今年も優勝を」と声をかけ、パレードが「大会のメインになってきた」と話して笑いを誘った。レースは沖合十キロのコースで計七クラスに分かれ実施された。総合優勝は「Sera」(新湊マリーナ所属)、ベストパフォーマンス賞は「Jyunpuu」(同)が輝いた。
 大会は二〇〇九年に静岡県で始まり、富山湾が「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟したのを機に、一五年から富山県セーリング連盟などが開いている。 (高島碧)