「今までにないくらいうれしかった」。八回、反撃の口火を切る本塁打を放った敦賀気比の阪口竜暉(りゅうき)選手(二年)は笑顔で振り返った。
 公式戦の出場は昨秋の県大会以来二大会目。秋は控えで、今春の県大会はけがで出られなかった。迎えた夏。二年生で四番を任されたが、金津との一回戦は1安打。「全然役に立たなかった」
 この日もそれまでは無安打。気持ちを変えたのは、八回の打席に入る前に上中尾真季(まさき)選手(三年)から掛けられた言葉だった。「フルスイングだ。三振でもいい」。先輩の気持ちを受け「何が何でも打って、甲子園に行こう」と覚悟を決めた。狙っていた直球を中越えに運んだ。
 杉森圭輔選手(二年)が続く。「あと1点取れば流れが変わるかも」と初球を振り抜いた。大会タイ記録の二者連続本塁打。ベンチへ帰ると、それまで「やらなければ」と力んで空回りしていたチームの雰囲気は一変していた。
 「(六回に)相手に本塁打を打たれたことで吹っ切れ、選手の秘めた力がやっと出てくれた」と東哲平監督。大きなヤマ場は越えたが「これからが始まり。またゼロからやっていく」。おごらず、甲子園への道のりを進む。

 (片岡典子)