石川県は二十一日、南よりの風によるフェーン現象で気温が上がり、小松市で三六・六度、輪島市で三五・五度、珠洲市で三五・〇度と三地点で「猛暑日」となった。
 金沢市内も三四・一度まで上がり、八日連続の「真夏日」に。市街地の路上にはかげろうや逃げ水現象も見られ、道行く人らが汗をぬぐっていた。
 金沢地方気象台によると、二十二日も高気圧に覆われるが、気圧の谷や湿った空気の影響を受け、曇りとなり、雨や雷雨となるところがある。ただ、日中も気温は下がらず、最高気温は加賀で三三度、能登で三二度の見込み。 (田嶋豊)
熱中症か 10人搬送
 石川県内各地の消防によると、二十一日は四十〜八十代の男女計十人が熱中症の疑いで搬送された。このうち内灘町の七十代男性は屋内にいて吐き気などを訴えた。能美市や加賀市などでも屋内にいた人が全身のだるさなどを訴えた。
 金沢市では県立野球場で高校野球の応援中だった四十七歳の女性が手足のしびれなどを訴えたほか、畑で農作業中だった七十歳の女性ら四人が搬送された。