彦根東の“頭脳”が攻守にさえわたった。チームの中心にいたのは條野正宗捕手(三年)。相手が「抜けた」と思った打球でも、外野手の正面に飛ぶ。打者ごとに守備位置を大きく変え、巧みなリードで八幡商打線を手玉に取った。
 攻撃では、入念な事前研究が生かされた。部員の松本慎道さん(三年)がビデオを見て、相手投手が変化球を投げる時の癖を発見。全員が狙い球を絞って打席に立っていた。
 初回の猛攻で試合はほぼ決まった。2死無走者から、四球を挟む五連続長短打で5点を先制。打線が完璧につながった。「今日はコールドゲームにしよう」。試合前のミーティングで、選手が話した通りの展開となった。村中隆之監督は「今日は松本のファインプレー。言うことなし」と手放しに褒めた。
 條野捕手は一回、左前打で出塁。すかさず二盗を決め、朝日晴人選手(二年)の左前打で生還するなど、足でもかき回した。「コールドで勝つと言った以上、無我夢中で走った」と笑顔で話した。
 伝統校同士の一戦とあって、立ち見客も出たスタンド。冷静に試合を運び、熱いプレーを見せる姿に大きな拍手が送られた。

 (大橋貴史)