息の合った双子のバッテリーが、二度の窮地を最少失点でしのいだ。七回途中まで投げた津商の服部恭平投手(二年)は、9安打を浴びながらも3失点にまとめ、試合をつくった。
 弟の哲平捕手(同)とは小学二年生の時からバッテリーを組む。「投球フォームを崩すとすぐ気付いてくれる。自分のことを一番分かってくれている」と信頼を寄せる。
 今大会初めて先発を任されたこの日。試合前には弟と「いつも通りでいこう。練習試合だと思って」と話し合った。
 三回、1死から連打と四球で満塁とされ、四番を打席に迎えた。哲平捕手はマウンドに駆け寄り「気持ちを切り替えろ。ここで抑えればこちらに流れが来る。おまえの力を見せてやれ」。内角の直球で三球三振に仕留め、後続も断った。
 五回にも満塁で再び四番と対決。今度は中堅への同点犠飛を許した。「内野ゴロでの併殺を狙ったが、高めの甘い球を打たれてしまった」。大量失点は逃れたが、結果には満足していない。
 チームは惜敗した。恭平投手は「支えてくれた先輩たちと勝てなくて悔しい」とこぼし、「来年はエースとしてチームを引っ張り、最後まで投げきって優勝したい」と涙をぬぐった。

 (芝野享平)