秋篠宮家の次女佳子さま(22)は二十五日、御殿場市で開かれた全日本高校馬術競技大会を観覧された。佳子さま単独の公務での来県は二〇一五年七月以来二度目。前回も同じ大会の開会式で、公務として初めてあいさつした。
 白いブラウスに青いスカート姿の佳子さまが会場に到着すると、出迎えた市内の保育園児から「きれい」「かわいい」などと声が飛んだ。佳子さまは笑顔で「うれしい。ありがとう」「皆さんは何歳ですか?」などと言葉を掛けた。
 開会式では「パートナーとなる馬と気持ちを通わせ、競技に臨むことは大きな挑戦。練習の成果を十分に発揮されることを期待しております」とあいさつした。競技が始まると貴賓室から一回戦を観覧。リラックスした様子で、時折笑顔を見せながら楽しんだ。
 開会式で選手宣誓した熊本県立南稜高校三年の山口辰紀さん(17)は「佳子さまの前でとても緊張したがしっかりできた。熊本は復興がまだまだのところもあるが、いつもお世話になっている方々にいい話題を届けられるよう頑張りたい」と意気込みを話していた。
 佳子さまは九月から英国リーズ大学に留学する。
(前田朋子)