静岡地裁の再審開始決定で釈放されている袴田巌さん(81)を支援しようと、日本プロボクシング協会が袴田さんへのメッセージビデオを作り、ホームページで公開している。袴田さんの即時抗告審で、東京高裁の判断次第では再収監の可能性もあり、ボクシングの世界王者らが「袴田さんを自由に」と訴えている。
 同協会は、元プロボクサーの袴田さんを試合に招待するなどして支援を続けている。
 清水市(現静岡市清水区)の一家四人殺害事件から五十一年たった六月末に、速やかな再審開始を求めビデオを公開した。
 四分十秒の動画には、世界バンタム級王者の山中慎介さんやロンドン五輪金メダリストの村田諒太(りょうた)さん、元世界王者の輪島功一さんのほか、将棋が趣味の袴田さんと交流のある棋士の神谷広志八段(浜松市中区)ら二十人が出演。「袴田巌さんの再収監を許すな」とのメッセージボードを手に「Free HAKAMADA」と呼び掛ける。
 同協会袴田巌支援委員会の新田渉世委員長は「袴田さんが釈放され一安心となっている雰囲気がある。再収監される恐れがあることを訴え、今後も精力的に支援したい」と話した。

(荒木正親)