長野市の善光寺で、ハンドルを回すとおみくじと模型の入ったカプセルが出る「ガチャみくじ」が参拝客らに人気を集めている。子どもから大人、外国人観光客と幅広い層に好評で、寺は2台目を設置した。
 寺の事務局によると、二台目では、寺で毎日、日の出とともに営まれる法要「お朝事(あさじ)」にちなんだ金属製の模型がカプセルに入っている。模型はお数珠を手にした貫主や上人など六種類のほか、十回に一回の割合で出る「シークレット」が二種類ある。一回五百円。
 寺は一月中旬、子どもにも気軽に参拝してもらおうと設置。本堂や仁王門など文化財の模型六種類を用意したところ好評で、今月二十五日に増設した。
 家族と一緒に訪れた安曇野市の小学二年高橋采音(ことね)さん(7つ)は「ガチャガチャ回せて楽しかった」と笑顔で話していた。
 (中島咲樹)