「今までで一番うれしい」。チームを勝利に導いた坂井の吉川大翔(ひろと)投手(三年)は、普段のポーカーフェースをほころばせた。
 立ち上がりは力んで球が浮き、1死一、二塁のピンチを招いた。
 それでも吉川投手には、慌てない冷静さがあった。今大会を通じ、修正力を身に付けた確信があったからだ。「(一回戦の)北陸戦などでピンチを抑え、苦しい試合を乗り越えることで自信が付いた」
 美方との二回戦では自信を持って投げた直球を相手の主砲に打たれ、悔しい思いもしたが「その経験で気持ちの切り替えもできるようになった」と話す。
 次の打者を投ゴロ併殺に打ち取ると、その後は一本も安打を許さず、投げ切った。
 二試合連続の完封。川村忠義監督は「最初はどうなることかと思ったが、最後まで集中して投げてくれた」とねぎらった。
 吉川投手の目標は「全国制覇」。制球力にさらに磨きをかけ、チームを引っ張るつもりだ。

 (片岡典子)