大垣日大の宮坂元規選手(三年)が四番の役割を果たした。2安打2打点でチームを優勝に導き、「最高にうれしい」と笑顔を見せた。
 一回、2死三塁。ひとつ咆(ほ)えてから打席に入った。「これまではやっていなかったけど、決勝を楽しもうと思って咆えた」。追い込まれてから「どんな球でも打って走者をかえす」と一振り。フォークボールをすくい上げ、三塁手の後方に落とす先制の適時二塁打とした。
 これでチームも自身も勢いづいた。五回は1点を追加し、なお2死一、二塁で中前適時打。「まだ勝ちが決まったわけではないけどベンチがはしゃいでいた。何が起こっているか分からないくらい」
 準決勝では四球での出塁のみ。打点は五試合でわずか1と、力を出し切れていなかった。大一番での活躍は、主砲を信じ、何度も好機を演出してくれた前を打つ打者たちのおかげ。「あいつらが打って出てくれる。そう思ったら自分も気楽になった」と感謝した。
 自らのスイングでつかんだ甲子園出場。大きな自信を胸に「甲子園でもてっぺんを取る」と力強く語った。
 (長永みづき)