シンガー・ソングライターの上田正樹さんが作詞作曲した飛騨高山応援ソング「ほほえみの街角」のCDが、八月一日から高山市役所や各支所で無料配布される。三十一日までで、先着五百人。
 市制施行八十周年と大垣共立銀行の創立百二十周年を記念した事業として、上田さんに楽曲制作を依頼。上田さんは小中学生時代を高山で過ごし「そびえたつ山並み」「赤い橋のたもと」など、高山の情景が歌詞に登場する。CDは同銀行が高山市に寄付した。
 CDには上田さんの歌のほか、高山少年少女合唱団、高山西高校ウインドアンサンブル部の演奏など五形態を収録。市生涯学習課の担当者は「いろんな場で歌ったり、演奏したりしてもらい、地元への愛着を高めてもらえたら」と話している。市生涯学習課と各支所地域振興課の窓口で、午前八時半〜午後五時十五分に配布する。

 (片山さゆみ)