西日本ジェイアールバス(大阪市)とジェイアールバス東北(仙台市)は二十八日、金沢−仙台間の夜行高速バス「百万石ドリーム政宗号」の運行を始めた。
 同日夜、JR金沢駅兼六園口のバス乗り場で出発式があり、西日本ジェイアールバスの野中雅志社長が「観光面でも結び付きが強くなる。北陸と東北の交流がますます盛んになってほしい」とあいさつ。テープカットに続き、乗客代表に花束が手渡され、初便が仙台に向けて出発した。
 西日本ジェイアールバスによると、バスは全二十八席。初便は金沢駅で十七人、経由地の富山駅で十一人が乗車し、満席となった。 (織田龍穂)