ボートの第三十七回全日本中学選手権競漕(きょうそう)大会(日本ボート協会、中日新聞社など主催)が二十九日、福井県美浜町の県立久々子(くぐし)湖ボート場で始まった。
 二十八都府県の二百十六クルーが予選に参加し、千メートルコースで競った。三十日に準決勝、決勝がある。
 かじ取り一人とこぎ手四人の「舵手(だしゅ)付きクオドルプル」、こぎ手が二人の「ダブルスカル」、一人の「シングルスカル」の三種目が男女別で行われ、浜松市の入野中などが準決勝に進んだ。