幕末から明治時代に、自在に多様な作品を描いた絵師河鍋暁斎(きょうさい)(一八三一〜八九年)の画業を紹介する「これぞ暁斎! ゴールドマンコレクション」(主催・北陸中日新聞、石川テレビ放送、石川県立美術館)が二十九日、金沢市の石川県立美術館で始まった。暁斎の世界観をいち早く味わおうと、多くの人が訪れた。(督あかり)
 開場式では、中日新聞北陸本社の菅沼堅吾代表が「世界が認めた画力で、新鮮な画風が満載。十人十色の視点でお楽しみください」とあいさつ。関係者らがテープカットした。
 芸者を猫、役人をナマズに見立てた戯画や、枯れ木にとまるカラスを描いた墨絵など約百八十点が並ぶ。全て英国在住の画商イスラエル・ゴールドマン氏の所蔵品で、六十点余りが初公開。「地獄太夫と一休」や「百鬼夜行図びょう風(ぶ)」など代表作もあり、圧倒的な画力に焦点を当てている。
 監修した日本女子大の及川茂名誉教授が作品解説し、「暁斎は写生を大事にしており、人物画は人間味豊か。一方で死体をデッサンして幽霊を描いたことも。題材が幅広く、美術史の中でもっと評価されるべき絵師」と語った。
 三十日午後二時から、及川さんが「暁斎の近代性」と題し講演する。八月二十七日まで。観覧料は大人千二百円、高校・大学生九百円、小中学生六百円、未就学児無料。