第六十回中部日本吹奏楽コンクール県大会(中部日本吹奏楽連盟県支部、中日新聞社主催)が二十九、三十の両日、彦根市のひこね市文化プラザであった。
 審査の結果、彦根中、能登川中、明富中、八幡高、大津高が代表校に選ばれ、十月七、八日に浜松市板屋町のアクトシティ浜松で開かれる本大会への出場が決まった。
 中学、高校、一般から五十二団体が出場。七部門に分かれ、課題曲と自由曲を演奏した。生徒らは本大会出場を目指して日ごろの練習の成果を発揮しようと、真剣な表情で力強い音を奏でた。
 前回、前々回の二年連続で本大会に出場した近江高校の招待演奏もあった。

 (大橋貴史)
 ◇代表校以外の金賞受賞団体 中学小編成 愛知、五個荘、彦根西、豊日、安土▽中学大編成 甲南、甲西北、彦根東▽高校大編成 近江兄弟社▽中学県独自 日枝、草津、守山南▽高校県独自 玉川、八日市甲西、八日市B▽大学一般 甲西ジュニア