南知多町豊丘の観光農園「花ひろば」で、鮮やかな黄色のヒマワリ八万本が夏空の下、満開を迎えている。
 農園では六万平方メートルを十一区画に分け、時期をずらしてヒマワリの種をまいているため、長期間にわたって眺めを楽しめる。
 現在は、六千平方メートルの畑に黄色の大輪が咲き誇る。連日、カップルや家族連れらが訪れ、笑顔で記念撮影や散策をしている。
 三重県木曽岬町の会社員石川光寿さん(46)、知子さん(44)夫婦は「昨年、ヒマワリをテーマに結婚式をしたので、そのときを思い出して元気が出た」とほほ笑んでいた。
 十二月末まで楽しめる。入園料は中学生以上六百五十円、小学生三百円。(問)花ひろば=0569(65)2432
 (大槻宮子)