富山県滑川市に伝わる国の重要無形民俗文化財「ネブタ流し」が31日、同市中川原の和田の浜であった。やぐらに立てられた大松明(おおたいまつ)が炎を上げながら海上を進み、夕日が沈む富山湾を一層赤く染めた。睡魔や疫病、けがれを海に流し、身を清める祭りで、明治期以前から続いている。東日本を中心に各地に伝わる「ネブタ行事」のうち、日本海側の南限とされる。
 今年の大松明は全11基で、大きな物は高さ5〜6メートル。地元の町内会や小学校などが竹やわら、こもで作り、身代わりとなるナスやキュウリの人形(ひとがた)で飾った。街を練った後、日没前に護岸に集まり、先端に火を付けて順に沖合へ。次第に火勢が増し、炎に包まれるたびに、見物客から歓声が上がった。 (山本真士)