松阪市ならではの鈴を着けた松阪牛のマンホールデザインを紹介したマンホールカードについて、市は五日から、平日に限っていた配布を土日曜祝日、年末年始にも拡大する。配布時間は平日と同じ午前八時半〜午後五時十五分で、市役所(殿町)の一階宿直室で配る。平日は従来通り市役所隣の第三分館(上下水道総務課)で対応する。
 マンホールカードは下水道のPR団体、下水道広報プラットホーム(東京)が企画し、市町などと共同で作るカード型下水道広報パンフレット(縦八・八センチ、横六・三センチ)。市町に取りに訪れた人に無料で配っている。
 市は昨年十二月から配り始め、七月までの配布数は千枚を超えた。
 北海道から中国、四国地方まで全国各地からコレクターが訪れた。配布者に行ったアンケートで「土日曜も配られるといい」との声があったのに応えた。
 カードで紹介したデザインのマンホールは小中学校や公共施設の周辺を中心に約二百カ所にある。
 担当者は「配布数は当初の想定よりも多い。年中配れるようにして市のPRに役立てたい」と話す。
 (松村裕子)