新潟地方気象台は二日、福井県を含む北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。偏西風の影響などで平年に比べて九日、昨年より十四日遅く、観測が始まった一九五一(昭和二十六)年以降で五番目に遅かった。
 夏本番となり、坂井市三国町池上の「ひまわりパーク」では大輪の黄色い花が強い日差しを受け、青空の下で鮮やかさを増している。
 地元農家でつくる「池上環境保全の会」が、一万平方メートルの休耕畑で十万本を栽培。加戸・公園台地区まちづくり協議会のPR効果もあって、東尋坊などを訪れた観光客らが立ち寄る名所になっている。この日も、日差しに手をかざして景色を眺める姿が見られた。見頃は十日ごろまで。
 福井地方気象台によると、北陸は今後一週間は高気圧に覆われて晴れる日が多く、暑い日が続く見込み。

 (北原愛)