全国高校野球選手権石川大会で優勝し、甲子園に出場する日本航空石川の選手たちが二日、大阪市の宿舎に到着した。三日午後に甲子園練習に臨む。
 出発前、輪島市の校内にある能登航空神社で必勝祈願し、健闘を誓った。
 出発式は、小林学校長が「甲子園に出場するということで、いつもとは違うことがたくさんあると思うが、今まで鍛えてきたことを信じて、いつも通りの野球をしてほしい」と激励。三枡春樹主将(三年)は「県代表として、ベスト8を目指して自分たちのプレーをしたい」と話した。
 生徒や教職員約四百人が選手たちが乗り込んだバスを見送った。
 四日に組み合わせ抽選会があり、大会は七日、開幕する。 (松村真一郎)