全国高校野球選手権大会が七日に開幕するのを前に、初出場する津田学園硬式野球部の壮行会が三日、桑名市野田の同校であった。
 部員は生徒や教職員九百人に迎えられ体育館に入場。出場選手十八人がステージに上がり、佐川竜朗監督が一人一人を紹介した。「最高の選手たちと甲子園に行けることを誇りに思う。まずは一勝を目指すので、大声援をお願いします」と話した。
 近くの津田大山田幼稚園の園児らも訪れ、勝利を願う千羽鶴を贈った。生徒会長の三年紀伊双樹(そうじゅ)さんは「全校生徒一丸となって応援する」と激励。水谷翼主将は「支えてきてくれた人に甲子園で恩返しをして、笑顔で校歌を歌いたい」と抱負を語った。
 大会の組み合わせ抽選は四日に行われ、初戦の相手が決まる。

 (芝野享平)