瀬戸市の中学生棋士で、デビューから公式戦二十九連勝の新記録を達成した藤井聡太四段(15)が五日、春日井市東部市民センターで開かれた「かすがいキッズ将棋フェスタ」で、都成竜馬(となりりゅうま)四段(27)との公開対局に臨んだ。終盤に巻き返したものの、敗れた。
 約一時間の戦いを振り返り、「ペースを握られてしまった。熱戦を見せたかったが、完敗してしまった」と頭をかいた。一方の都成四段は、公式戦で藤井四段に三連敗しており、非公式戦ながらリベンジを果たした。「緊張したが、今までにない作戦がうまくいってよかった」と語った。
 観戦していた名古屋市森孝西小四年の野村櫂(かい)さん(9つ)は藤井四段を応援していたという。「悪い態勢をひっくり返してくれると思ったのに残念。次から連勝してほしい」と話していた。
 催しは、市が市広報大使の室田伊緒(むろたいお)女流二段(28)とともに企画。観戦の定員四百二十人に対して千人が応募する人気ぶりだった。
 室田女流二段と都成四段、西川和宏六段による子どもたちとの多面指しや、小学生の将棋大会もあった。

 (浅野有紀)