地歌舞伎などで岐阜市の魅力を伝えるイベント「GIFU FANTASTIC FESTIVAL(ギフ・ファンタスティック・フェスティバル)」が六日、同市金町の金公園などであった。
 公園に設けたステージで、有志市民らが創作地歌舞伎を披露。市内の芸妓(げいぎ)連「鳳川(ほうせん)伎連」の幇間(ほうかん)・喜久次さんが監修し、マジックや本物の水を使った独創的な舞台を見せた。
 屋形船での体験講座や、お茶会、柳ケ瀬商店街を巡るウオーキングイベント、お茶や日本酒の屋台などもあり、にぎわった。
 岐阜青年会議所(JC)が初めて企画。責任者の桑原永多郎さん(37)は「岐阜の新しい独創的な魅力を体感し、街が革新していく期待感を感じてほしい」と話していた。

 (杉浦正至)