高岡市の高岡大仏前に祭壇を設け原爆犠牲者を慰霊する「被爆者慰霊平和祈念式」が六日、執り行われた。(武田寛史)
 原水爆禁止高岡協議会の主催。原爆が投下された広島の六日と長崎の九日のどちらかに、大仏前で祈念式を行っている。
 「平和宣言都市高岡 世界平和は私達(わたしたち)の願い」と書かれた横断幕を掲げ、会員や市民約三十人が参列。読経の後、焼香と献花が行われ、参列者が手を合わせ被爆者を弔った。
 土岐慶正協議会長は「祈念式により、平和を問い直そう。核兵器を持ち、核兵器に頼ることは恥ずべき、愚かなことと心にはっきりと刻んでいかないといけない」と訴えた。
 最後に参列者全員で「原爆を許すまじ」を合唱し、恒久平和を願った。