アニメや漫画の登場人物に仮装した人たちが集う「世界コスプレサミット2017」(中日新聞社などでつくる実行委員会主催)のメインイベントで、各国のコスプレーヤーが世界一を争う「世界コスプレチャンピオンシップ2017」が六日、名古屋・栄の県芸術劇場大ホールであった。アニメ「ブラッド ザ ラスト ヴァンパイア」の登場人物に扮(ふん)した中国代表が優勝した。
 十七の国・地域の十七組三十四人が出場。昨年の優勝チームや声優、歌手らが衣装の完成度や舞台上での演出、エンターテインメント性などを審査した。
 出場者は手作りの衣装を身にまとい、二分半の持ち時間で日本のアニメや漫画の世界観を表現。早着替えや武器を使ったアクションなどで客席を盛り上げた。二位はメキシコ、三位は日本だった。
 (中山梓)