二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックのメダルに家電の貴金属を再利用するため、富山市は、小型の廃家電を回収するボックスを市役所など三カ所に設置した。回収は一九年三月末まで。
 ボックスは市役所一階総合案内横、環境センター(栗山)、岩瀬環境事務所(岩瀬池田町)に置いた。携帯電話やデジタルカメラ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなど、ボックスの投入口(横二十四センチ、縦十一センチ)に入る小型家電を募る。
 家電の貴金属をメダルにする事業は、東京五輪の組織委員会が主催する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」。四月から全国各地で始まり、全五千個のメダルの材料を集めることを目標にしている。
  (木許はるみ)