サッカーJ2のFC岐阜の「ファン感謝祭」が八日、岐阜市学園町のぎふ清流文化プラザで開かれ、ファンクラブ会員約二百八十人が、記念撮影やサイン会で選手と交流した。
 選手はJリーグ加盟十周年を記念し、八月二十日のカマタマーレ讃岐戦と九月三日の愛媛FC戦で着用する、赤色の限定ユニホーム姿で登場。主将の庄司悦大選手や難波宏明選手、シシーニョ選手ら十選手が、ファンと気さくに握手したり、肩を組んで写真に納まったりした。
 地域リーグ時代から応援しているという美濃加茂市の会社員福田上総さん(43)は、「試合に出ている選手とふれ合える機会は貴重。こういうイベントはうれしい」と歓迎していた。

 (井上仁)